甘酒というと、お正月に神社で振る舞われる甘いお酒というイメージがありますね。
あの独特のにおいが苦手であまり好きじゃないという声もよく聞かれます。

でも、最近の発酵食ブームによって、甘酒の健康美容効果に注目が集まっています。
昔から冬だけではなく、夏は滋養強壮の飲み物として親しまれてきた甘酒は、『飲む点滴』とも呼ばれています。

私たちの身近にある甘酒ですが、具体的に何がどうすごいのか、ちゃんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。
そもそも甘酒とはどんな飲み物なのか、なぜ飲む点滴と呼ばれるのか、どのような健康美容効果があるのかなど、甘酒のことをまるごと学んでいきましょう。

甘酒とは?

甘酒には2種類ある

酒粕』から作られているものと、『米こうじ』から作られているものがあります。
酒粕を溶かして作る甘酒は、「ほんのりお酒の香りがして、砂糖を入れて甘く」しています。
米こうじと米から作った甘酒は、「独特の強い香りはなく、砂糖は入っておらず、上品な甘さ」があります。

最近ブームの飲む点滴と呼ばれる甘酒は『米こうじ』から作られたものを指しています。

甘酒はお酒じゃないの?

酒粕から作られる甘酒は、酒粕にアルコール分が含まれるため少々のアルコールが含まれます。アルコールに弱い方は注意して下さい。
米こうじから作られる甘酒にはアルコール分は含まれていないので、お酒が苦手な方や、お子さん、妊婦さん、授乳中のママも安心して飲むことができます。

原料の米こうじってどんなもの?

米こうじとは、蒸したお米に麹菌というカビの一種が生えたものです。
麹菌の正式名称は、和名で「ニホンコウジカビ」といい、日本の国菌です。
日本人の食生活にかかせない味噌、しょうゆ、清酒なども、米こうじの発酵によって作られます。

砂糖が入っていないのになぜ甘い?

米こうじと米を発酵させて作られる甘酒には、砂糖はまったく入らないのに、できあがりはとても甘いです。
その理由は、米のでんぷんが麹菌の作り出すアミラーゼによって分解され糖分に変わるから。

お米をよく噛むと甘みを感じますよね。それはお米のでんぷんを唾液のアミラーゼが分解して糖分に変えることで甘く感じるためです。
これと同じ作用によって、甘酒は砂糖が入っていないのに甘くなります。

甘酒が『飲む点滴』と呼ばれる理由は?

胃腸炎や風邪などで体調を崩した時、病院で栄養剤の点滴を打ってもらうと、体のだるさがとれてラクになりますね。

そんな点滴と同じような効果が甘酒にもあるのでしょうか?
甘酒が飲む点滴と呼ばれる理由について説明します。

甘酒の栄養成分は点滴の成分に近い?

まずは、甘酒の栄養成分と点滴の成分を比べてみましょう。

-甘酒のおもな栄養成分-
ビタミンB1、B2、B6
アミノ酸(システイン、アルギニン、グルタミンなど)
ブドウ糖
オリゴ糖
・食物せんい
・葉酸
・コウジ酸

-栄養剤の点滴のおもな成分-
ビタミンB群
アミノ酸
ブドウ糖
オリゴ糖

ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖が、甘酒と点滴のどちらにも含まれています。
もちろん医療用の点滴と全く同じ成分が入っているわけではありませんが、近い成分なので、『甘酒は飲む点滴』と呼ばれているようです。

吸収されやすい

点滴は血管に直接栄養素を入れるので、すばやく吸収されます。
それと同じく、甘酒は豊富な酵素の働きによって、栄養の吸収率が良いため、この点も点滴と呼ばれる理由のひとつです。

どれくらい飲めばいい?

1日コップ1杯程度、200mlくらいがベストです。
いくら体にいい甘酒でも、飲みすぎは糖質のとり過ぎになり肥満の原因にもなります。

いつ飲むのがいい?

基本的にはいつ飲んでもOKなのですが、より効果を高めるためのタイミングがあります。
ダイエットを期待するなら、朝に飲むのが効果的といわれています。
朝に飲むことで基礎代謝が上がり、やせやすい体質になるためです。

疲労回復やストレス改善を期待するなら、夜に飲むのがいいでしょう。
甘酒には、疲れやストレスを解消できるアミノ酸やギャバが含まれているため、寝つきが悪い人は寝る前に飲むのが効果的です。

市販の甘酒を選ぶ時の注意点

市販の甘酒には、砂糖で甘みを加えているものがあるため、購入する時は、必ず原材料を確認しましょう。
米麹から作られていて、砂糖や添加物が入っていないものがベストです。

甘酒は健康・美容効果がすごい!

便秘解消効果

甘酒に含まれるオリゴ糖と食物せんいは、腸内環境を整える効果があります。
オリゴ糖は腸内の善玉菌の栄養となり、働きを助けてくれます。
食物せんいは腸内の老廃物を排出する働きがあり、便秘解消やデトックス効果が期待できます。

疲労回復効果

甘酒は、江戸時代から夏バテ解消のために飲まれていたといわれています。
豊富に含まれるブドウ糖とビタミンB群が疲労回復をサポートしてくれます。
体力が落ちやすい病中病後、産後や授乳中の栄養補給にも、安心安全な甘酒を飲むことをおすすめします。

高血圧予防効果

甘酒のペプチドは、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。
ペプチドとはタンパク質の仲間で、アミノ酸が結合したものをいいます。
ペプチドには、高血圧予防のほかに、コレステロール値を下げたり、免疫力を上げる効果もあるといわれています。

美肌・美髪効果

甘酒の麹には、美肌成分のコウジ酸が豊富に含まれています。
コウジ酸は、過剰なメラニン生成を抑えて、しみ、そばかすを防いでくれるので、美白効果が期待できます。
強い日差しでダメージを受けやすい頭皮を若返らせて、つやとこしのある美しい髪を作る作用もあります。

また、甘酒に含まれるビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護して、代謝を上げる作用があるため、お肌のターンオーバーを促し、美肌づくりに役立ちます。

保湿効果

ビタミンB2とB6による保湿効果によって、肌のハリを保ち、カサカサの乾燥肌を改善してくれます。

ダイエット効果

甘酒には、脂肪の代謝を上げるビタミンB群が豊富に含まれているため、ダイエットにも効果的です。
ダイエット中に起こりやすい栄養不足を補いながら、腸内環境を整えて便秘解消による減量効果も期待できます。
また、甘みがあって満足感が得られるので、食事制限で感じるストレスを減らすことができます。

健やかな妊婦ライフにも

妊活中や妊娠中に必要な栄養素である葉酸をとることができます。
妊娠初期に葉酸を不足なくとることで、神経管閉鎖障害など先天性の障害のリスクを減らすことができる大切な栄養素です。

いろいろ使える甘酒活用法

甘酒は、米こうじがあれば、自宅でも作ることができます。
コツをつかめば失敗なく出来るようになりますが、温度管理が難しく時間がかかるので、断念してしまう方も多いようです。

そこで、まずは市販の甘酒を買って飲むことから始めてみましょう。
よりおいしく効果的に飲むためのアレンジをお教えします。

おすすめ甘酒ドリンク3選

市販の甘酒は飲みやすく調整されているものが多いですが、麹の香りが苦手な方や、そのまま飲むのに飽きてしまった時は、少しアレンジして飲んでみましょう。
おいしさだけでなく、健康効果もアップする飲みかたを3つご紹介します。

しょうが甘酒で高血圧予防

甘酒にすりおろししょうがを混ぜて飲みます。
しょうがに含まれるジンゲロンが血流をよくし、血圧を下げる効果が期待できます。
しょうがは皮ごとおろして使います。朝に飲むのがおすすめ。
甘酒の口当たりがさっぱりとして飲みやすくなります。

豆乳甘酒で美肌効果アップ

甘酒と豆乳を1:1の割合で混ぜるだけ。
豆乳の大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを助け、ビタミンB群がしみやしわの改善にも役立ちます。

甘酒スムージーでダイエット効果

甘酒とバナナやりんごなどのフルーツ、小松菜などの野菜をミキサーにかけます。
水分が足りない時は、水か豆乳を加えて下さい。
朝食がわりに飲むと、腹持ちが良く、お腹はスッキリ、ダイエット効果もバツグンです。

おすすめ甘酒スイーツ2選

さらりとしたドリンクタイプの甘酒ではなく、米のつぶつぶが残った薄めて飲むタイプの甘酒はスイーツにも使えます。

甘酒ヨーグルトで便秘解消

プレーンヨーグルトと甘酒を混ぜるだけ。
ヨーグルトと甘酒はどちらも発酵食品なので、それぞれに含まれる菌の相乗効果によって、整腸作用がより高まります。便秘解消に効果的なデザートです。

甘酒アイスで夏バテ解消

甘酒と牛乳を同量混ぜて、保存容器に入れて冷凍します。
固まりかけたらスプーンでかき混ぜて、再び冷凍すると、なめらかな仕上がりになります。
牛乳の代わりに豆乳やココナッツミルクでも作れます。

砂糖を使わないのでヘルシーなうえに、夏バテ解消に役立つ栄養もたっぷり!
子どもからお年寄りまで安心して食べられる健康的なアイスです。

甘酒を半年間飲んで実感したこと

実は、私は甘酒が大好きでよく飲んでいましたが、半年ほど前から米こうじを買って自分で作るようになりました。
朝はバナナ甘酒スムージー、夜は甘酒ヨーグルトが、毎日の習慣になっています。

私個人の実感としては、お通じとお肌の調子がとても良くなりました。
便秘ぎみでお腹が張りやすいのが悩みでしたが、今では毎朝スル~リ快調です。

さらに、毎年冬になると、肌が乾燥して、おでこや口のまわりに粉がふくほどだったのが、全く気にならなくなりました。
疲れやすい体質で、だるさをよく感じていたのが、翌日まで疲れが残らなくなったことも嬉しい変化です。

甘酒は薬ではないので、1回飲んだらすぐ効く!というものではありませんが、飲み続けることで、体調が良くなるのを実感できました。

甘酒は子供の時以来飲んでいないという方も、まずは1杯飲んでみて下さい。
お米を感じる優しい甘さは、心まで癒されるようで、ホッとしますよ。

飲む点滴と呼ばれる甘酒をおいしく飲んで、夏バテや疲れを吹き飛ばしましょう。

参考書籍
麹でつくる甘酒のレシピ 堀澤宏之著 池田書店 

参考URL
NIKKEI STYLE 日本の美肌ドリンク「甘酒」効果的な飲み方は
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO13472400Y7A220C1000000?channel=DF260120166503