【おとりよせ版】高級野菜ジュースを比較「栄養価の高いおすすめベスト8」

お店では買えない通販限定の野菜ジュースを飲んだことがありますか?

雑誌の広告やテレビコマーシャルで見ると、こだわりの素材でていねいに作られていて、健康にすごく良さそうな印象を受けますね。

でも、小さい缶1本で250円くらいする高級品なので、なかなか買う気にならないかもしれません。

私も同じように思っていた一人ですが、昨年末にギフトで高級野菜ジュースをいただいて、飲む機会がありました。
「ふつうの野菜ジュースとそんなに変わらないでしょ」と、飲んでみてびっくり!

新鮮な野菜や果物の味がそのままで、体の中から元気が湧いてくるような感覚がありました。
この体験から、時々、通販で野菜ジュースを取り寄せて飲んでいます。

高級野菜ジュースはそれぞれに特徴があり、同じくらいの値段でも、含まれる栄養素の種類や量に差があるので、なるべく効率的に栄養が摂れるものを選ぶようにしています。

今回の記事では、大手メーカーのほぼ同一価格の高級野菜ジュースを8点選び、エネルギー量やビタミンなどの栄養価を比較し、栄養効果の高いものからランキング形式でご紹介します。

ワンランク上の健康管理や、健康志向の方へのギフト選びの参考になれば幸いです。

野菜ジュース栄養比較チェックポイント

ランキングは、野菜不足で不足しやすい栄養素が多い商品を高順位とします。
チェックポイントは6つあり、それぞれ5点満点、合計30点で採点して、高得点のものが上位ランクの商品となります。

  1. エネルギー量、糖質量が多すぎないか
  2. たんぱく質が補えるか
  3. 食物繊維がとれるか
  4. ビタミン類は豊富に含まれるか
  5. ミネラル類は豊富に含まれるか
  6. 抗酸化力の高いポリフェノール類など機能性成分がとれるか

栄養素の量は、それぞれの商品の缶ジュース1本分で比較しています。

おとりよせ高級野菜ジュース おすすめベスト8

1位『カゴメ つぶより野菜』 26点

堂々の第1位は、『カゴメ つぶより野菜』です。

トマトジュースや野菜ジュースを数多く販売しているカゴメが、「理想の野菜ジュース」と自信を持って販売する特別な商品です。

大きな特長は、100%国産の野菜が使われているところ。

人参を中心に、トマト、セロリ、メキャベツ、レタス、ほうれん草などの厳選された国産野菜350g分が1本に凝縮されています。

なめらかな食感と自然な甘さで、どの年代の方にも飲みやすく、満足感があります。

さらに、砂糖、食塩、香料、保存料不使用で、健康志向、自然志向の方も満足できるでしょう。

エネルギー量は1本あたり74kcalとそれほど多くありませんが、人参メインなので糖質量は15.8gとやや多めになっています。

1日1本飲む程度なら気にしなくても良いでしょう。

野菜ジュースでは補給しにくいたんぱく質も1.9g摂ることができ、食物繊維は2.1gと多いです。

ビタミン類、ミネラル類も多種含まれていて、とくにカリウムが850㎎と多く健康に効果的。

日頃の食事で不足しやすいカルシウムや鉄も摂ることができます。

さらに、機能性成分のβ-カロテンとリコピンも豊富で、美容と健康両面の向上が期待できます。

栄養価がバツグンに高いうえに、国産野菜100%の安全性から、高評価の第1位となりました。毎日の栄養補給に非常に優れた商品です。

栄養比較チェック表 計26点

栄養素 評価
エネルギー量 3.0
たんぱく質 5.0
食物繊維 4.0
ビタミン類 4.0
ミネラル類 5.0
機能成分 5.0

『カゴメ つぶより野菜』栄養成分(195g当たり)

エネルギー量 74kcal(糖質:15.8g)
たんぱく質 1.9g
食物繊維 1.3~2.1g
ビタミン類 ビタミンE:1.3mg、ビタミンK:7μg、葉酸:11~94μg
ミネラル類 カリウム:850mg、カルシウム:46mg、鉄:0.5mg、マグネシウム:26mg、ナトリウム:19~42mg(食塩相当量0.05~0.1g)
機能性成分 β-カロテン:4.6~23mg、リコピン:5.6~17mg

参考URL:https://shop.kagome.co.jp/lineup/tsubuyori/

2位『カゴメ 毎日飲む野菜』 24点

第2位は、『カゴメ 毎日飲む野菜』です。

トマト、人参、赤ピーマン、ほうれんそうなど7種類の緑黄色野菜260g分と、ブロッコリースプラウトを濃縮した野菜ジュース。

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことで、「スルフォラファン」というファイトケミカルを豊富に含み、強力な抗酸化力で健康に役立つ野菜として注目されています。

普段の食事で不足しやすい緑黄色野菜と食べる機会の少ないブロッコリースプラウトを手軽に摂れるのが大きな利点です。

8商品の中で、もっとも低エネルギー(50kcal)・低糖質(10.5g)なので、カロリーや糖質が気になる方でも安心して飲むことができます。

ビタミン類は1位と変わらない種類と量がありますが、食物繊維やミネラル類がやや少ないので、得点差がつきました。

機能性成分は、β-カロテン、リコピンのほかに、GABAが15㎎含まれているので高得点に。

GABAには高めの血圧を下げる機能があるとして、機能性表示食品に認定されています

砂糖、食塩、香料、保存料不使用の安心感があります。

栄養価も高いですが、1位よりやや劣る点と、使用される野菜は国産やオーガニックなどではないので、第2位になりました。

栄養比較チェック表 計24点

栄養素 評価
エネルギー量 5.0
たんぱく質 4.0
食物繊維 2.0
ビタミン類 4.0
ミネラル類 4.0
機能成分 5.0

『カゴメ 毎日飲む野菜』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 50kcal(糖質:10.5g)
たんぱく質 1.5g
食物繊維 1.2g
ビタミン類 ビタミンE:0.7~3.0mg、ビタミンK:7μg、葉酸:9~77μg
ミネラル類 カリウム:580mg、カルシウム:28mg、ナトリウム 13~90mg(食塩相当量 0.03~0.3g)
機能性成分 GABA:15mg、β‐力ロテン:4.5mg リコピン:10mg

https://shop.kagome.co.jp/lineup/vegetable/

3位『サンスター 健康道場 緑黄野菜』  23点

第3位は、『サンスター 健康道場 緑黄野菜』です。

5種類の有機野菜(人参、ほうれん草、ピーマン、キャベツ、セロリ)が、約200g分使われた野菜ジュース。

有機栽培野菜を100%使用しているのが、最大の特長であり利点です。

さらに、砂糖、食塩、香料、着色料、保存料不使用で、安心安全にこだわる方に最適な商品でしょう。

すりつぶしてピューレ状にした有機人参を乳酸菌発酵したものが使われている点も他にはない特長です。

野菜を発酵させることで、野菜本来のうま味が引き出され、特有の臭みが抑えられ、野菜が苦手な方やお子さんも飲みやすい味になっています。

食物繊維が1.8gとしっかり摂れるので、役に立ちます。

ビタミン類やミネラル類も豊富ですが、特記すべきなのは、ほかの野菜ジュースには含まれていないビタミンB群が摂れること。

有機栽培野菜の栄養をおいしく手軽に摂れる点も高評価につながり第3位となりました。

栄養比較チェック表 計23点

栄養素 評価
エネルギー量 3.0
たんぱく質 3.0
食物繊維 4.0
ビタミン類 5.0
ミネラル類 4.0
機能成分 4.0

『サンスター 健康道場 緑黄野菜』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 64kcal(糖質:13.5g)
たんぱく質 0.9~2.0g
食物繊維 1.8g
ビタミン類 ビタミンK:15μg、ビタミンE・B1・B2・B6・葉酸を含有
ミネラル類 カリウム:573mg、カルシウム・マグネシウム・鉄を含有、ナトリウム:60~160mg(食塩相当量0.15~0.4g)
機能性成分 β-カロテン:6mg(乳酸菌発酵)

公式URL:https://www.sunstar-shop.jp/s/g/g00003/

4位『サンスター 健康道場 ビフィズス発酵有機人参』 22点

第4位は、『サンスター 健康道場 ビフィズス発酵有機人参』です。

1本あたり約1.5本(200g分)の有機人参をたっぷり使用し、独自のビフィズス発酵製法で作られた珍しい野菜ジュース。

ビフィズス発酵製法とは、有機人参とブロッコリーのピューレをビフィズス菌で発酵させることで、野菜本来の甘みとうま味を引き出したもの。

すべての材料が有機栽培なうえに、砂糖、食塩、香料、着色料、保存料不使用で、安全性の高さが大きな特長です。

エネルギー量は56kcalと8商品中2番目の低さで高得点。

食物繊維は2.3gと1番多かったので同じく高得点の5点になりました。

使われている野菜が人参とブロッコリー、レモンだけなので、含まれるビタミン類、ミネラル類は種類、量ともに少なめですが、人参に多いβ-カロテンは6㎎と豊富

ビフィズス発酵により栄養価の吸収率が高くなる点を評価して4位となりました。

栄養比較チェック表 計22点

栄養素 評価
エネルギー量 5.0
たんぱく質 3.0
食物繊維 5.0
ビタミン類 2.0
ミネラル類 3.0
機能成分 4.0

『サンスター 健康道場 ビフィズス発酵有機人参』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 56kcal(糖質:11.0g)
たんぱく質 1.3g
食物繊維 2.3g
ビタミン類 ビタミンK:8μg
ミネラル類 カリウム:496mg(食塩相当量0~0.4g)
機能性成分 β-カロテン:6mg (ビフィズス発酵)

公式URL:https://www.sunstar-shop.jp/s/g/g00368/

5位『カゴメ 毎日飲む野菜と果実』 21点

第5位は、『カゴメ 毎日飲む野菜と果実』です。

7種類の緑黄色野菜180g分に、5種類の果実80g分をブレンドした爽やかな味の野菜果物ミックスジュース。

果実はりんご、レモンのほか、アセロラ、ローズヒップ、ブルーベリーなどが使われています。

ビタミン類が豊富で、なかでも、ビタミンCは、1缶で1日に摂りたい量の116%~313%を補うことができるのが他にはない特長です。

果物が多く使われているわりには、エネルギー量が63kcal、糖質が14.1gと低めなのも高評価。

機能性成分は、抗酸化作用の高いβ-カロテンとリコピンに加えて、カプサンチンも含まれています。
カプサンチンは赤い色素成分で抗酸化作用があります。

砂糖、食塩、香料、保存料不使用で安心ですが、ビタミン類以外の栄養素がやや少ないため第5位になりました。

栄養比較チェック表 計21点

栄養素 評価
エネルギー量 4.0
たんぱく質 2.0
食物繊維 4.0
ビタミン類 5.0
ミネラル類 3.0
機能成分 3.0

『カゴメ 毎日飲む野菜と果実』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 63kcal(糖質:14.1g)
たんぱく質 1.1g
食物繊維 0.3g~2.0g
ビタミン類 ビタミンC :93~250mg、ビタミンE:0.3~2.1mg、ビタミンK: 8μg葉酸:8~71μg
ミネラル類 カリウム:500mg カルシウム:22mg、ナトリウム 0~130mg(食塩相当量0~0.3g)
機能性成分 β‐カロテン:5.4mg、リコピン:1.6mg、カプサンチン:0.3~1.7mg

公式URL:https://shop.kagome.co.jp/lineup/vegetablefruit/

6位『伊藤園 30品目野菜』 20点

第6位は、『伊藤園 30品目野菜』です。

30種類の野菜が350g分使われている野菜100%ジュース。

野菜の種類は、人参やトマトのほか、モロヘイヤ、ゴーヤ、ヤーコン、緑豆スプラウト、メキャベツの葉、アルファルファスプラウトなど、あまり食べる機会のないものも使われているので、色々な野菜の栄養を手軽に補えるのが特長です。

使われている人参の半分は、栄養豊富で甘みの強い「朱衣(しゅい)」という品種のもので、普通の人参に比べてβ-カロテンが約1.5倍も多く含まれています。

砂糖、食塩、香料不使用ですが、人参の自然な甘さで飲みやすくなっています。

エネルギー量は75kcalで適量、たんぱく質は1.9gと野菜ジュースの中では多めなので、運動をする方やダイエット中の方のからだづくりに役立ちます。

特別な人参を使っているため、ビタミンAとβ-カロテンがとても豊富で、健康に効果的です。

機能性成分のリコピンも多く、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できます。

多種類の野菜の栄養が摂れる点と、ビタミンA、β-カロテン、リコピンなどがしっかり補給できる点は高評価ですが、栄養素の種類が少ないので、得点が伸びず、6位になりました。

栄養比較チェック表 計20点

栄養素 評価
エネルギー量 3.0
たんぱく質 5.0
食物繊維 3.0
ビタミン類 2.0
ミネラル類 3.0
機能成分 4.0

『伊藤園 30品目野菜』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 75kcal(糖類:12.4g)
たんぱく質 1.9g
食物繊維 未記載
ビタミン類 ビタミンA:631~1949μg
ミネラル類 カリウム:366~1082mg、ナトリウム:8~152mg(食塩相当量0~0.4g)
機能性成分 β-カロテン:6.8~17.9mg、リコピン:8.6mg

公式URL:https://www.kenkotai.jp/shop/g/g1834-0-00/

7位『キッコーマン デルモンテプレミアムあらごし25種の野菜と果実』17点

第7位は、『キッコーマン デルモンテプレミアムあらごし25種の野菜と果実』です。

緑黄色野菜など20種類の野菜200g分と、5種類の果実100g分を使用した野菜果物ミックスジュース。

ミキサーにかけたようなとろりとした飲み口で、飲み応えのある商品です。

素材選びにこだわっているのが特長で、トマトは甘みが強くてリコピン含有量が多いもの、人参は糖度の高いものなど、厳選された質の高い野菜や果物が使われています。

砂糖、食塩不使用で、野菜本来の甘みやおいしさを楽しめます。

果物の配分が多いため、エネルギー量84kcal、糖質18.9gとやや多めですが、食欲が落ちているときや、忙しい朝の栄養補給などに役立ちます。

野菜の繊維質を残したあらごし食感なので、食物繊維が1.4gと多く、便秘解消に効果的です。

ビタミン類は、ビタミンA、E、K、葉酸がバランスよく含まれており、なかでもビタミンAが500μgと豊富です。

機能性成分のβ-カロテンとリコピンは、それほど量は多くありませんが、抗酸化作用による美容健康効果が期待できます。

不足しやすい野菜の栄養素がまんべんなく含まれていて、1本で効率的に摂れるのがメリットですが、栄養素の量があまり多くないので、得点が伸びず、7位になりました。

栄養比較チェック表 計17点

栄養素 評価
エネルギー量 2.0
たんぱく質 3.0
食物繊維 3.0
ビタミン類 3.0
ミネラル類 3.0
機能成分 3.0

『デルモンテ プレミアムあらごし25種の野菜と果実』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 84kcal(糖質:18.9g)
たんぱく質 1.3g
食物繊維 1.4g
ビタミン類 ビタミンA:500μg、ビタミンE:1.1mg、ビタミンK:6.4μg、葉酸:20.8μg
ミネラル類 カリウム:540mg、鉄:0.4g、食塩相当量0.12g
機能性成分 βカロテン:4.4㎎、リコピン:5mg

公式URL:https://www.kikkoman-shop.com/products/detail/27

8位『サンスター 健康道場 おいしい青汁』 14点

第8位は、『サンスター 健康道場 おいしい青汁』です。

9種類の青野菜(ブロッコリー、セロリ、キャベツ、ケール、ほうれん草、レタス、パセリ、大根葉、小松菜)にりんごとレモンを加えた飲みやすい青汁飲料。

青汁が苦手な人でもおいしく飲めて、1本で青野菜約90g分を補えるのが大きな利点です。
砂糖、食塩、香料、保存料不使用で安心安全にも配慮されています。

エネルギー量61kcal、糖質13.6gと、どちらも低めなので、カロリーや糖質が気になる方に最適です。
たんぱく質と食物繊維はそれぞれ、1.0g、1.2gと少なめ。

ビタミン類は、ビタミンK 54μgのほか、ビタミンCと葉酸が含まれますが、含有量が不明のため、2点と低得点になりました。

ミネラル類は、不足しやすいカルシウムや鉄が摂れるので、骨の健康や疲労感の解消に役立ちます。
機能性成分は、β-カロテンのみで量の記載がないため、1点になりました。

低カロリーで青野菜の栄養が摂れるのはメリットですが、栄養素の量が少なかったり、量の記載が無かったりしたので、全体的な評価が下がってしまい、8位になりました。

栄養比較チェック表 計14点

栄養素 評価
エネルギー量 4.0
たんぱく質 2.0
食物繊維 2.0
ビタミン類 2.0
ミネラル類 3.0
機能成分 1.0

『サンスター 健康道場 おいしい青汁』栄養成分(160g当たり)

エネルギー量 61kcal(糖質:13.6g)
たんぱく質 1.0g
食物繊維 1.2g
ビタミン類 ビタミンK:54μg、ビタミンC、葉酸
ミネラル類 カリウム:280mg、カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム:5~35mg(食塩相当量0.01~0.09g)
機能性成分 β-カロテン

公式URL:サンスター「おいしい青汁」

まとめ

通販限定の高級野菜ジュース8点のおすすめランキングを紹介しました。

高級野菜ジュースは、国産野菜や有機野菜、珍しい野菜や果物など、厳選した材料が使われていましたね。

さらに、ビフィズス発酵やあらごし加工など、作り方にもかなりこだわったワンランク上のものばかりです。

栄養素もしっかり摂れるように工夫されているので、普通の野菜ジュースと比べて、栄養効果が高くなります。

毎日がんばっている自分へのごほうびや、大切な家族の健康づくりのために、高級野菜ジュースをお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?
両親やお世話になっている方の健康を願って贈り物にしても、とても喜ばれます。

今回は栄養素の量が公表されているものを基準にランキング化しましたが、別の視点で見るとまったく別のランキング順になると思います。

毎日の食事に栄養価の高い野菜ジュースをプラスして、しっかり体調管理をしていきましょう。