「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず。」
かの有名な水戸黄門様に、こんなふうにこき下ろされてしまったキュウリ。
当時のキュウリはとても苦くて、あまり人気がありませんでした。

しかし、現代の私たちが食べているキュウリは品種改良で苦みがほとんど無くなりました。
瑞々しい食感とさわやかな香りで、サラダやぬか漬けなど、食卓に欠かせない野菜のひとつです。

でも、最近「キュウリは最強に栄養素が少ないから、食べる意味がない」なんてささやかれています。
はたして、ほんとうにキュウリは最強に栄養素が少ないのか?

意外と知らないキュウリの栄養と、正しい活用方法をご紹介します。

キュウリは栄養が少ないってホント?!

キュウリは95%以上が水分なので、栄養素がほとんどないと言われています。
たしかに、ビタミン類は少ないですが、カリウムは比較的多く含まれています。

栄養満点なイメージのあるトマトと比べてみましょう。
キュウリに含まれるビタミンAは、「トマトの1/2程度、ビタミンEは1/3程度」ですが、カリウムはほぼ同量となっています。

カリウムは体内の不要なナトリウム(塩分)を排出する作用があり、むくみをとったり、血圧を正常に保つ働きをします。
栄養素が少ないのは本当ですが、けっして食べる意味の無い野菜ではありません

水分豊富なキュウリは、暑い夏に実は欠かせない野菜なんですよ。

実はこんなにあった!キュウリの栄養

薬膳でキュウリは、体を冷やし熱をとり去る作用があるとされています。

暑い夏に水分の多いキュウリを食べることで、のどの渇きをしずめ、のぼせた体を中から冷やして、夏バテを予防します。
クーラーなど無かった時代から、夏にはキュウリやすいかなど、水分の多い野菜を食べることで、体を冷やし暑さをしのいできました。

キュウリには、他にも、さまざまな健康効果をもたらす栄養素が含まれています。

キュウリの主な栄養

カリウム(高血圧予防)

ミネラルの一種で、利尿作用が高い栄養素。
体内の不要な塩分や老廃物を排出する働きにより、高血圧やむくみを予防します。

ホスホリパーゼ(ダイエット効果)

脂肪を分解する作用がある酵素。
代謝を高めるので、ダイエット効果が期待できます。

ククルビタシン(食欲増進)

キュウリのヘタにある苦みの成分。
胃液や唾液の分泌を促進し、食欲を増進させる作用があります。
夏バテなどで食欲が無い時に効果を発揮します。

ククルアスコルビン酸(がん予防)

キュウリの香り成分でポリフェノールの一種。
がん予防効果が期待できます。

シトルリン(むくみ解消)

一酸化窒素を作る作用をするアミノ酸の一種。
血管を広げて、血流を良くする働きをします。

キュウリを食べる時の注意点

意外なほど多くの栄養があるキュウリですが、やっかいなものがひとつあります。
それは、キュウリに含まれる『アスコルビナーゼ』という酵素です。
アスコルビナーゼは、ビタミンCを破壊する作用をします。

例えば、キュウリとトマトを一緒に食べると、この酵素の働きでトマトのビタミンCが破壊されてしまいます。
今まで、体に良いと信じて食べてきた、この組み合わせが失敗だったなんて、ショックですね。
でも、安心して下さい。

キュウリを加熱するか、酢を加えることで、アスコルビナーゼの働きを抑制できます。
キュウリとトマトは、酢入りのドレッシングで食べれば、問題なくビタミンCもとることができます。

おいしいキュウリの選び方と保存法

キュウリは、年中手に入りますが、本来の旬は夏です。
6月ごろから9月ごろまで収穫される露地栽培ものは、ハウス栽培と比べて「栄養価が高く、味も良く、価格は安い」ので、いいことづくめです。

野菜は、旬の時期に食べることで、体調を整える助けにもなってくれます。
旬の時期は、新鮮なキュウリが店頭に並びますが、それ以外の時期も良いものを選んで、正しく保存しおいしくいただきましょう。

キュウリを選ぶ3つのポイント

【1】太さが均一のもの

水分がぎっしりと先端まで詰まっている証拠です。
曲がっていても味に影響はありません。

【2】イボがピンと張っているもの

新鮮なキュウリは、イボに触ると痛いほど張っています。
古くなって水分が蒸発すると、イボが低くなります。

【3】皮にハリと弾力があるもの

皮がみずみずしく、持つとズシリと重いものを選びましょう。

保存する時のポイントも3つ

【1】ラップに包んで野菜室で保存する

水分を保つことが大切です。
ラップでピッタリ包んで保存し、4~5日程度で食べ切りましょう。

【2】冷やしすぎない

5℃以下にして冷やすと、キュウリが溶けやすいので、注意して下さい。
  

【3】冬は室温で保存する

低温に弱いので、冬場は風通しのよい室内で保存しましょう。

栄養効果アップ!キュウリの活用法

新鮮でおいしいキュウリを選んだら、次は調理です。
キュウリだけでは足りない栄養を、調理の仕方で補ったり、栄養効果をアップしたりできます。

おすすめのレシピを2つ紹介します。

◎ぬか漬けでビタミン量アップ

キュウリはぬか漬けにすると、ビタミンB1が約10倍、ビタミンKやカリウムが約3倍に増えます。
ただし、ナトリウム(塩分)も増えるので、高血圧など塩分制限のある方は、食べ過ぎないよう気をつけて下さい。

◎すりおろしキュウリでダイエット効果アップ

キュウリをすりおろすことで、脂肪分解酵素のホスホリパーゼを効率的に摂れます。
食前にキュウリのすりおろしを、おちょこ1杯程度食べると、ダイエット効果が高まります。

おすすめレシピ

[おろしキュウリと梅の冷やし汁] 1人分21kcal

■材料(2人分)

*おろしキュウリ 2本分
*梅肉      2個分
*冷水      1カップ
*しょうゆ    小さじ1
おろししょうが  1かけ分
氷        適量

■作り方

1、*の材料をすべてボウルに入れて混ぜあわせ、器に盛る
2、氷を器に入れて、おろししょうがをのせたらできあがり

のどごしが爽やかな冷たいおつゆです。
梅干しのクエン酸が夏の疲れを解消する効果もあります。

◎ピクルス(酢漬け)で疲労回復効果アップ

すっぱく漬けたきゅうりを食べると、だるさが取れてスッキリします。
酢の主成分である酢酸が疲労物質の乳酸やピルビン酸を分解するためです。

さらに、食欲増進、消化不良の防止、代謝アップも期待できます。

おすすめレシピ

[きゅうりのピクルス] 1人分56kcal

■材料(2人分)

きゅうり   2本
塩      ひとつまみ
*酢      大さじ4
*砂糖     大さじ3
*塩      小さじ1
*ローリエの葉 1枚

■作り方

1.キュウリは塩ひとつまみをふってまな板の上で転がし、塩をなじませる
2.軽く水洗いをして、水気を切ったら、5mm程度の輪切りにする
3.小鍋に*をすべて入れ、中火にかけて、砂糖が溶けたら火を止める
4.煮沸消毒した耐熱瓶にキュウリを入れ、3を熱いうちに注ぎ入れる
5.2時間ほど置いて、キュウリに味がしみたらできあがり

キュウリがたくさんあるときに、常備菜として作っておくと便利なレシピです。
冷蔵庫で2週間ほど保存ができます。

食べる以外の活用法

キュウリは食べる以外にも、使える活用法があります。
あくまでも、民間療法ですので、肌の様子を見ながら行ってください。

◎キュウリパック

軽いやけど、日焼けなどでひりひりする肌に、スライスしたキュウリを貼って、患部を冷やします。
ひんやりしたキュウリの感触がとても気持ちよく、さっぱりします。
まぶたにのせると、疲れ目や腫れを解消する効果もあります。

◎キュウリ化粧水

キュウリをすりおろして、キッチンペーパーで濾して、キュウリ水を作ります。
洗顔後に、キュウリ水を化粧水代わりにつけます。

脂性肌をさっぱりさせる効果があります。
作りおきはできないので、使うたびに作るようにしましょう。

注意点!

★必ずパッチテストをして、肌に異常が出ないか確認してから行ってください。
 
自然のものでも、お肌に合わない場合もあります。

★すぐに太陽の光を浴びないで下さい。

キュウリには『ソラレン』という光毒性物質が含まれています。

キュウリパックや化粧水をつけてから、紫外線をあびると、炎症を起こしたり、シミやそばかすの原因になります。
夜のお手入れとして行うのがおすすめです。

キュウリは健康効果の高いパワフル野菜

キュウリは、ほとんどが水分で栄養素は少ないけれど、驚くほどたくさんの健康効果がありましたね!
実は、私は家庭菜園でキュウリを育てていますが、その成長パワーに驚かされます。

1本の苗木から、なんと100本以上のキュウリが収穫できるんですよ。
暑い畑で、もぎたてのキュウリをかじると、体がひんやり涼しくなります。

キュウリは、夏を快適に過ごす助けになったり、高血圧予防、ダイエット効果など、たくさんの恵みを与えてくれます。
栄養素が無いから食べる意味ないなんて言わずに、ぜひ、おいしく食べて下さいね。

参考URL
スキンケア大学「きゅうりの栄養について」
http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/003779/

参考書籍
・日本ベジタブル&フルーツマイスター協会制作
「野菜のソムリエ ベジフルキッチン 栄養と保存と調理の知恵」幻冬舎

・橋口亮 橋口玲子著 「野菜薬膳食材事典」株式会社マイナビ